(あらすじ)
友人になりすまして名門小学校の代用教員になったロック・ミュージシャンのデューイ。教えることのない彼は、本業のロックの知識と精神を語り始める。やがて生徒たちも興味を示し、クラス全員でこっそりバンドバトルに出場することに…。

何も考えずにみて単純におもしろい!笑える!
展開がスピーディーなんで時間を感じさせない。
ロックの映画なんだけどロックに関する知識は無くても大丈夫。
見ていてかなり痛快でおもしろい話だし、ジャック・ブラックの歌がまた上手い、、。
ラストも感動させられました。ほんとによくできたコメディーなんで
万人におすすめできる映画!点数は4.5点ぐらい
[PR]
# by nori_620 | 2004-09-21 17:06 | 映画
(あらすじ)
武州多摩の田舎剣士、近藤勇、土方歳三とその仲間が、清河八郎の率いる幕府徴募の浪士組にまじって京へ上ったのが文久三(一八六三)年の二月。曲折を経て、同じ尊皇攘夷であった志士たちが倒幕へ傾いてゆく時勢のなかで、ひとり近藤、土方の新選組は佐幕の道をつき進み、京都守護の会津藩の先兵となって、池田屋襲撃などを決行し、長州藩、土佐藩ほかの憎悪の的になっていった…。―その新選組を創り上げた土方歳三は、最後まではげしく時流に抵抗し、滅びゆく幕府に殉じた

文句なしの傑作!新撰組好きにとっては必読本でしょう笑
幕末のおいて活躍したあの新撰組を副長、土方歳三の視点から描いた作品。
今まで新撰組についてはほとんど知識はなかったし興味もそれほど
なかったんだけどこの本を読んで一気に新撰組にはまりそう笑
作中の土方歳三がかっこよすぎる。その考え方というかもう生き方が。
他の人物も魅力的に書けていて読んでいて本当におもしろい。
特に最後の場面は本当に感動した。読んでないひとは是非!絶対損はしないはず。
ありふれた新撰組の話だけどここまで見事な小説にできるのはやはり作者の力だと思います。
司馬 遼太郎の他の本もかなり読みたくなってきたんでまた買ってこようかな、、、。
[PR]
# by nori_620 | 2004-09-21 04:10 |

イノセンス ★★★★☆

前から見たかった映画イノセンスがビデオとなり借りてきました。
いきなりの映画の記事がアニメになってしまった笑 
けっこう僕はオタッキーな人間なんデス;-;

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊から話は続いているが全作から雰囲気がかなり変わっている。
テーマも前作からのものと同じで生命の定義、AIをもった機械、プログラムは生命と呼べるか?
これは工学部に通っていて将来、工学屋になるだろう僕にとってもかなり興味深いテーマ。
ロボットがAIを持ち出す時代になったとき
もはや人とロボット生命と機械の明確なラインは無くなるだろうと思う。
結局人もプログラムの一つにすぎないのかもしれないって考え方にはかなり同意できる

んで肝心の映画の評価は4/5ぐらい。
映像、音楽は間違いなく現在のアニメではトップクラス。
これだけでも十分この映画をみる価値はありマス。
テーマも深く考えさせられるだけに何回でも見れる作品
けどエンターテイナメント性に欠けすぎてるとおもったんで1点減点。
[PR]
# by nori_620 | 2004-09-21 03:32 | 映画

自己紹介

流行に流されて?ブログを作成しました~。
このブログでは時事問題から映画、本のレビューまで幅広い内容の記事を書いていく予定です!
忙しい時は更新が遅れるかもしれませんが気長におまちください。では簡単に自己紹介を

名前:のり
年齢:19
性別:男
すみか:徳島県
職業:大学生

とほんとに簡単すぎですが(笑) 
僕がどういう人間かはブログを読めばおいおいわかってくると思います!
[PR]
# by nori_620 | 2004-09-21 02:26 | 日常